酵素ドリンクを飲む時の注意点

酵素ドリンクを飲む時の注意点

最近では酵素ドリンクが人気を集めています。

 

 

しかし、正しい飲み方をしなければ、効果は半減どころか全く期待できないのです。

 

 

ここでは酵素ドリンクを飲む時の注意点をご紹介します。

 

 

 

まずは、酵素ドリンクをお湯で割らないことです。

 

 

酵素はタンパク質でできています。

 

 

たんぱく質は熱で変化してしまいます。

 

 

卵をゆでるとゆで卵になり、白身や黄身が固くなってしまうのと同じです。

 

 

よって、酵素ドリンクをお湯で割ると酵素の効果がなくなってしまうので注意が必要です。

 

 

 

 

次に体を冷やしすぎないことです。

 

 

酵素には活性温度といって活発に活動する温度があります。

 

 

暖かいと活動が活発になり、冷たいと活動が抑制されます。

 

 

よって、冷たい食べ物を食べ過ぎたり身体を冷やし過ぎたりすると、

 

 

せっかく体内に入れた酵素の働きが悪くなります。

 

 

冷たい食べ物は控え、積極的に身体を温めましょう。

 

 

 

最後に睡眠をしっかりとることです。

 

 

酵素は体の隅々で働いています。

 

 

特に睡眠中に活発に働いている傾向があります。

 

 

より長い睡眠をとることで、酵素の力が体の隅々に行きわたり、

 

 

 

その力をより感じることが出来ます。

 

 

 

酵素ドリンクは方法さえ間違わなければ、とても頼りにできる健康方法です。

 

 

まだ試していない方は、一度試してみることをオススメします。

 

 

 

酵素ドリンク 人気  http://orange16.seesaa.net/

 

 

 

 

安心、そしてコストのかからない手作り酵素ドリンク

 

 

酵素ドリンクを飲んで健康、そして美しさ維持することが最近とても注目されています。

 

 

確かに酵素には新陳代謝を促したり胃腸の働きを活発にするなどの作用があり、

 

 

無理なく体を健康に、そして美しく保つことができます。

 

 

 

しかし中には市販されている健康食品になんとなく抵抗を感じてしまう方もいらっしゃることでしょう。

 

 

たとえばアレルギー体質の方などがそうかもしれません。そのような方におすすめなのが手作りの酵素ドリンクです。

 

 

 

作り方ですが、まず旬の野菜や果物を5ミリ程度に切ったものを用意します。

 

 

 

このとき、果物は皮付きのままであることが好ましいので、

 

 

できれば無農薬のものを使うようにします。また野菜はざく切りにします。

 

 

 

そしてこれらを瓶に入れます。その上に白砂糖を入れてよくかき混ぜます。

 

 

 

砂糖と野菜、そして果物がよくなじんだらその上にさらに砂糖を入れて、砂糖で野菜、果物を覆うようにします。

 

 

 

やがて砂糖は全て溶けます。そのまま瓶の蓋を開けて20度から25度の温度で直射日光を避けて保存します。

 

 

 

発酵までに約10日を要しますが、その間1日に2,3回、きれいな手でかき混ぜます。

 

 

 

小さな泡が出始めたら完成です。これを水で割って飲むことができます。

 

 

 

分量は野菜と果物を合計したもの1キロに対して1.1キロの白砂糖を使います。